畳No1ドットコム

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-03-7575
トップページ > 畳・襖・障子・網戸のメニュー・料金

畳・ふすま・障子・網戸の張替え(貼り替え)メニュー・料金Menu / Price

前のページに戻る

電話する℡0120-03-7575畳No1ドットコムの1月激安キャンペーン 畳No1ドットコムの1月激安キャンペーン畳NO1ドットコム家具移動無料

畳(たたみ)・襖(ふすま)・障子(しょうじ)・網戸(アミド)を激安な価格で対応させていただきます。

基本料金一覧Basic charge list

現在キャンペーン実施中です。
(キャンペーン期間:商品なくなり次第)

たたみ商品
(1部屋分から)
サイズ 料金
裏返し 176cm×88cm(五八間・江戸間) ¥1,890(税込2,079円)~
畳張替え(表替え) 176cm×88cm(五八間・江戸間) ¥2,000(税込2,200円)~
半畳張替え
(※琉球畳/縁なし畳ではありません)
¥1,400(税込1,540円)~
ふすま商品
(2枚から)
サイズ 料金
襖張替え 180cm×90cm ¥1,400(税込1,540円)~
襖張替え 天袋   ¥980(税込1,078円)~
障子商品
(2枚から)
サイズ 料金
障子張替え 180cm×90cm ¥1,400(税込1,540円)~
障子張替え 欄間   ¥980(税込1,078円)~
網戸商品
(2枚から)
サイズ 料金
網戸(アミド)張替え
(18メッシュ)
180cm×90cm ¥1,400(税込1,540円)~
問い合わせ畳表替え

畳No1ドットコムでのご注文流れ

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像 お問い合わせフォーム

襖を交換するメリットについての考察 襖の交換は日本に住んでいる以上、人生の内で一度や二度は経験する出来事です。このように日本人にとってなじみ深い襖の交換作業は、和風の住宅を好む人たちにとっては心のよりどころとなるものです。お年寄りに関しても襖の交換を経験したことが多いという傾向にありますが、一方で最近では若者も襖を交換したことがあるという割合も増えています。若者の間に襖の交換需要が高まっている理由としては、今風のデザインの襖が増えていることもその理由に挙げられます。襖を交換するメリットとしては今風のデザインに変えることが出来るというメリットがありますが、このような若者向けの襖のデザインは、交換の需要が高いという証拠になっていて、最近ではより若者向けに特化したデザインの襖に交換するということが、密かなブームになりつつあるのです。住宅の利便性やメリットを生む最大の要素は、これら日本になじみ深い和式建具からくるところが大きいのですが、実際に定期的に交換作業を行うことによって、インテリアとしての価値が上昇するというのが一番の魅力となっています。日本ならではのインテリア要素を兼ね備えた襖は、これからもより多彩なデザインが生み出されていくのです。

強化紙の障子紙に張替える利点とは 障子は和の趣のある建具で、和室には欠かせない物となります。障子紙は、和紙が使われており吸湿効果があるため、室内の湿度を吸い込んで適度に調整してくれる利点もあります。そんな、古くから使われている伝統的な建具である障子ですが、長期にわたり使用していると消耗や劣化が出てきます。破れや色褪せ、日焼けなどによって障子の見た目も悪くなってしまいます。障子紙が汚れたり、破れていると和室も良いイメージが失われてしまいます。綺麗で清潔感のある和室に維持するためにも、障子紙が破れたり汚れた場合には、張替えが必要となります。定期的に点検をして、劣化が見られた時に張替えすると良いです。張替えの際にお勧めするのが、強化紙への張替えとなります。強化紙は、通常の和紙と比較して耐久性に優れており、長期間使えるメリットがあります。和風の趣はそのままで、防火性能や難破性が飛躍的に向上している利点があります。長く障子紙を使いたい場合には、強化紙への張替えがお勧めです。強化紙は、通常の和紙よりもコストは高くなりますが、将来的にメンテナンスが不要となる利点があります。障子紙が劣化して張替えが必要になった場合には、強化紙を検討すると良いです。

網戸の張替えで防虫効果を重視する必要性 自宅の網戸の張替えを業者に依頼しましたが、破れると小さいサイズの虫が入りやすくなり防ぐ必要があります。網戸は目が小さいと防虫効果が高いですが、風通しが悪くなることがデメリットです。張替えを依頼するときは信頼できる業者を選び、相談して防虫効果がある種類を紹介してもらうと安心できます。 網戸は戦国時代に蚊帳を作り蚊が入らないようにしたことがきっかけになり、防虫効果がありなおかつ閉め切る必要がなく形を変えたものになりました。網の張替えをするタイミングは破れると大きくなるため虫が入りやすくなり、手遅れにならないようにすることが大事です。張替えは自分自身でできますがサイズをきちんと合わせて切断して枠に固定する必要があり、意外と神経をすり減らすためプロに依頼したほうが費用はかかりますが安心できます。 網戸の張替えで防虫効果を重視する必要性は高く、目をなるべく小さくして高めるようにすることが望ましいです。しかし、網の目を小さくしすぎると逆に風通しが悪く汚れが付着して空気も汚れるため、最適なサイズを選ばないといけません。網戸は夏場に快適に過ごすためには最適ですが、防虫効果を高めるように張り替えることが重要です。

日本の暮らしを支える畳とその表替え 日本の暮らしそのものと言っても言い過ぎではない、まさに日本が誇る床であるのが畳です。畳のある暮らしは、洋式建築の広がりにより減っては来ていますが、それでも畳に魅力がなくなってきたというわけではなく、畳と布団、この組み合わせでの暮らしが最も落ち着くと思う人は少なくありません。 畳は、毎日人が歩き、そこで座り、そしてそこで寝ることで、やがて畳の表面が毛羽立ってきたり、シミがついてしまうこともあります。青々していたイ草が色焼けしてきますので、時期を見て表替えをすることで、メンテナンスができます。 表替えというのは、畳の床の部分はそのままで、表面のイ草のみを張替えるという方法で、ほとんどのケースで行われている張替えです。表替えすると、畳はこれまでの汚れも色褪せもすべてなくなり、まるで新調したかのような美しさと香りを放ち、和室が上質空間になります。そのイ草の香りに安らぎを得、気持ちがリラックスできます。 体に良く、調湿や断熱、空気清浄の効果もある畳は、こうした表替えを定期的にすることで、和室の素晴らしさをサポートすることになります。畳が汚れてきたなと感じたのであれば、表替えをおすすめいたしますし、スキルのある畳職人が、スピーディに対応してくれるに違いありません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 畳No1ドットコム All Rights Reserved.